Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。 日常を出来得れば自然と融合したいと思っています。  

older | 1 | .... | 3 | 4 | (Page 5) | 6 | 7 | .... | 44 | newer

    0 0

     平成24年6月21日(木)

     今年はオリンピックの年。100年前、ストックホルムで開かれたオリンピックに日本は初参加をしました。玉名高校の大先輩・金栗四三さんはマラソンに出場しましたが途中棄権、これが大会本部には伝わらずに行方不明扱いになっていました。「1967年(昭和42年)3月、スウェーデンのオリンピック委員会から、ストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待され(中略)金栗を記念式典でゴールさせることにしたのである。この時、『日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します』とアナウンスされた。54年8か月6日5時間32分20秒3という記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。」【ウィキペディア】
     6月18日付朝日新聞・「天声人語」でも紹介されています。
     
     金栗四三さんの母校・玉名高校はどんこの母校でもあります。同じく【ウィキペディア】には「金栗はゴール後のスピーチで『長い道のりでした。この間に孫が5人できました』とコメントした。」とあります。なお「天声人語」には孫の数10人とあります。身内の方に確認したところ10人が正しいとのことでした。



     この前庭に金栗四三さんの銅像があります。在校中にこの大先輩のお話を聞いたことがあります。



     玉名郡和水町の実家のそばにお墓があります。直筆の「体力 気力 努力」の文字が墓石に刻まれています。



     数年前生家を訪ねたことがあります。



     玉名高校は体育祭の応援団、人文字が度々テレビでも全国放送され有名です。孫娘も通っていました。今度の6月30日にもTBS系「ぶっちぎりTV」で続編が放映される予定です。(体育祭の写真は孫娘の在校中のものです。)



     金栗四三さんの後輩たちは大先輩を誇りとして頑張っていました。(写真は一部再掲しています。) 





    【お断り・間違って27日アップ予定の「シロチドリの雛」を一時公開してしまいました。このところパソコン不調によるトラブルです。コメントいただいた方には後日アップ時に返事を差し上げます。ご迷惑をおかけしました。


    0 0
  • 06/23/12--09:00: 梅雨時の庭の花
  •  平成24年6月24日(日)

     早く咲いた玄関前の紫陽花は枯れてしまわないうちに刈り取りました。

     遅咲きの方は今からが盛りとなります。

     テッポウユリ。

     こちらはユリの一種、確かオリエンタルハイブリッドという品種のようです。

     シャスターデージー。花言葉・万事忍耐。

     キキョウ。漢字表記も「桔梗」といい感じ。別名はオカトトキ(岡止々岐)。

     名知らぬ花。

     ストケシア。別名は瑠璃菊。「連想・清楚」の花言葉には夢があります。

     ダリアも毎年咲いてくれます。

     最期はノウゼンカズラ。

     


    0 0

     平成24年6月27日(水)

     このところシロチドリの抱卵や雛を撮らなくなりました。見かけることが少なくなったセイもありますが、4,5年前にじっくり観察できたことで、この撮影から 卒業しようと思ったからです。今回は4年前の回想画像をお届けします。

    孵って3に目の雛です。父親が見守っています。

     母親に甘えている雛です。

     3羽孵ったのですが1羽はそばにいません。

     左が父親。子育てはしっかり協力してやっています。

     時としてすぐそばを散歩の人が通り過ぎます。

     孵って7日目の雛。かなり羽も生えそろっています。

     動きもシャープになりました。

     自分でエサも取れるようになりました。

     母鳥は天敵のカラスなどが近寄るのを警戒しながら子育てをしています。


    0 0
  • 07/01/12--01:50: 雨期の横島干拓
  •  平成24年6月30日(土)

     いつもは鳥見に行く横島干拓へぶらりとでかけました。まだ田植えしていない水田に山影が映っていました。手前が天水町で山並みは三ノ岳や二ノ岳など。ビニールハウスの右手切れ目の上が金峰山です。「草枕」に出てく峠の茶屋があります。

     収穫期を迎えているたばこ畑が広がっています。

     「家畜改良センター熊本牧場」が遠くに見えます。向こうの山は荒尾市と玉名市にまたがる小岱山です。

     東側。田圃には冬場、マナヅルたちがやってきます。手前の木立にはミサゴ、ハヤブサなどの猛禽類が憩う場所でもあります。

     堤防の西南は有明海。雲仙普賢岳が間近です。

     横島町の東北には石塘橋があり、きれいに整備されています。難工事のため人柱となった人の慰霊碑が建っていました。すぐそばに加藤清正を祀ったこぢんまりとした加藤神社があります。きれいに改修されていました。改修工事代表世話人として知人(故人)の名前が記念碑に刻まれていました。そうっと合掌してきました。 


    0 0
  • 07/02/12--09:00: スイカ収穫
  •  平成24年7月3日(火)

     ハウスに植えていたスイカを収穫しました。ハウス内は乾燥しがちで水やりも肥料も少なかったと先輩連に指摘されました。他の収穫物と並べてハイ、パチリ。

     小さい方を割ったら結構糖度が高く、連れ合いは自画自賛(「屋根葺きどんの手褒め」・・荒尾弁)しておりました。

     スイカの花(5月9日)。

     プラムは数が少なかった分、粒が大きくて、あちこちに配って喜ばれました。わが家では少々食べるくらいです。

     7月に入りました。郵便受けに毎月貼っています。


    0 0

     平成24年7月6日(金)時々

     荒尾干潟がラムサール条約に登録されたことはNHKの全国ニュースでも流れ、どんこのブログやメール、電話などへもたくさんの祝福の言葉をいただきました。大したお役にも立てていないのに過分なお言葉をいただいたことに改めてお礼を申し上げます。市役所で行われた晴れの登録報告会はテレビや新聞で見ていました。西日本新聞の紙面にはこんなに報道されていました。その一部を紹介します。(許可を得て掲載しています。)

     干満の差が著しい荒尾海岸です。

     干潮時の砂浜で早朝トレーニングする中学野球部の生徒たちです。雲仙普賢岳が雲海に浮かんでいます。

     このように波打ち際では渡り鳥たちが休息しています。数種類が鳥たちはいがみ合いやいさかいもなく休んでいます。

     飛び立っても安全だと分かると元に戻ってきます。

     潮が引きかかるとばらばらになってエサ取りを始めます。

     忘れてはならない荒尾海岸の夕日の美しさです。

     轍(わだち)の跡は海へ乗り入れる軽トラやテーラーのものです。沖合まで車両が行ける道を作ってあります。

     

     有明海は「豊穣の海」と呼ばれてきました。沖合ではアサリ採りが行われています。年々漁獲量が少なくなってはいますが、荒尾干潟は漁民の生活を支える貴重な資源でもあります。


    0 0

     平成24年7月9日(月)

     花菖蒲祭が終わった高瀬の町をぶらっと歩きました。先月末のことです。菖蒲の花もほとんど摘み取られ、祭り期間中は流れている水も止まっていました。

     繁根木川にはたくさんの石橋が架かっています。この石橋を通って荷馬車で高瀬の町に品々を運んでいました。今も石橋に荷車の轍が残っています。

     わずかに残っていた菖蒲の花。もう見に来る人もいませんでした。

     石垣の上は民家です。

     この狭い路地を抜けると高瀬の町並みが広がっています。平日とは言え閑散としていました。でも若い商店主らが古い町並みを興そうと尽力しています。現JR玉名駅は以前は「高瀬駅」と称していました。昔から温泉も湧いていて「立願寺(りゅうがんじ)温泉」は有名でしたが、玉名市にあるということを印象づけるために「玉名温泉」と呼び名を変えています。

     名物の「高瀬飴」を作っている店ももう3軒しか残っていません。「売家」の看板が目立ちます。

     菊池川の河川敷駐車場が高瀬商店街の駐車場になっています。正面はJR鹿児島本線。左側が熊本・鹿児島方面です。

     花壇は手入れが行き届いていました。【コメント欄は閉じています。】


    0 0
  • 07/11/12--09:00: 懐かしの葛飾柴又
  •  平成24年7月12日(木)

     今から7年前、外孫のチョロ2が幼稚園を卒園した平成17年の3月末、葛飾柴又へ連れていった思い出のスナップです。ちょうどきょう(11日)のお昼にNHKの「ひるブラ」で「ネオ柴又」と銘打って新しい商品などに挑戦する人たちが取り上げられていました。どんこのは「ネオ」(新しい)ものではなく懐古編です。上野駅に降り立ちました。

     京成上野駅は上野公園の入口の向こうにあります。

     柴又駅前にかの有名な寅さんの像が迎えてくれます。

     寅さんシリーズを作った山田洋次監督の「私、生まれも育ちも葛飾柴又です 帝釈天で産湯をつかい 姓は車 名は寅次郎 人呼んでフーテンの寅と発します」 という直筆の字が刻まれています。

     映画「男はつらいよ」で使われた老舗の高木屋さんはいつもにぎわっています。

     帝釈天が見えます。御前さんにはどんこの高校の大先輩・笠智衆が扮していました。

     帝釈天の境内です。

     中庭です。池泉式庭園で向島の永井楽山の設計。池には小さい石橋が架かっています。回廊から眺めることが出来ます。

     彫り物はあまりにも有名です。

     徒歩で10分も歩くと寅さん記念館があります。

     真向かいはこれまた有名な山本亭です。

     記念館の入口で寅さんと再会です。


    0 0

     平成24年7月15日(日)

     熊本地方は気象台が初めて表現した「今までに経験したことのない大雨」に襲われ、死者22名、重体1名、行方不明8名(14日現在)等大きな被害をもたらしていることはテレビ、新聞の報道の通りです。有明海には阿蘇を源流とする氾濫した白川を初め大小の河川が流れ込んでいます。写真の通り、土砂崩れや河川の氾濫で流されてきた流木などの瓦礫が次々に海岸に漂着しています。

     一瞬にして家が倒壊し、犠牲になった方々もいます。心から冥福を祈ります。遺族のご心労はいかばかりでしょうか。

     足の踏み場もない瓦礫です。普段はここを漁業者の車両が沖合まで通っていく海の道です。

     この大木は長さが10米有余あります。途中でポッキリ折れています。

     普段はきれいな波打ち際は悲惨な状況です。撤去には相当な時間がかかることでしょう。

     今、秋の渡りの前で野鳥が少ないのは幸いです。

     

     プロパンガスボンベも2,3個見られました。昭和28(1953)年の6・26水害では熊本市内を流れる白川が大氾濫して死者・行方不明が500を超える大惨事となりました。この海岸へも多くの遺体が打ち上げられました。災害の恐ろしさを今更ながらかみしめています。

     荒尾海岸はオオソリハシシギを初め多くの渡り鳥たちの中継地となっています。そして広い荒尾干潟には野鳥たちが長い旅路を渡っていくための体力を養う多くのエサが豊かに生息しています。 


    0 0

     平成24年7月18日(水)

     ラムサール条約の登録の朗報で湧いた当市ですが、未曾有の大雨の惨禍で海岸や干潟もかなり荒れています。復旧には時間がかかりそうですが、私の好きなオオソリハシシギを特集します。大型のシギで全長は41センチもあります。

      シベリア方面で繁殖し、中国南部で越冬すると言われています。

      大きくクチバシが反っているのが名前の由来です。

      左の鳥のように夏羽は赤褐色で黒い軸斑が見られます。

      広げた羽は一段と大きき見えます。

      ケッケッケッと言う鳴き声を発して飛んでいくので、馴れてくると遠くからでも識別出来ます。

      一様に海の方を向いて、いざとなったら一斉に飛びたちます。

     

     2011年4月9日に近くの海岸で確認したオオソリハシシギの回収記録がこのほど山科鳥類研究所から届きました。放鳥は2009年2月9日、場所はオーストラリア、ビクトリア、オフマンズビーチ。移動距離・8,152km、経過時間・2年2ヶ月(791日)。なお放鳥者はAustralasian Wader Studies Group,AUSTRALIAです。 【コメント欄は閉じています。】 

       


    0 0

     平成24年7月21日(土)

     九州以外はすでに梅雨明けしたらしいとの報道がなされていますが、台風7号が九州西海岸を北上している7月18日、撮影した画像です。青々とした早苗が広がっています。その向こうは雲仙普賢岳です。思案橋の上から撮っています。



     大雨が降り続いたためにラバーダムが緩められています。隣の長洲町にある造船所のクレーンが見えます。



     市で一番南端にある小学校へ集団登校している児童たちです。120名程度の小規模校です。



     子どもたちは「行こうか、もどろうか」と思案もせずに元気な挨拶をしてさっさと登校していました。この学校でいじめなどは多分ないことでしょう。





     もう梅雨明けを思わせる夏雲が浮かんでいました。



     思案橋から北東を眺めます。グリーンランドの観覧車が小さく見えています。



     この橋は烏井田橋(くわいだばし)です。浦川にはいくつもの橋が架かっています。河川改修前には石橋もいくつかありましたが取り壊されて、記録すら残ってないのが惜しまれます。

     

    【お知らせ】【番組名】「視点・論点」【出演】柳生博日本野鳥の会会長> 【放映時間】1)NHK総合テレビ・7月23日(月)04:20〜04:30   2)NHK Eテレ(教育テレビ)7月23日(月)13:50〜14:00(再放送)でどんこの「荒尾干潟」の写真が紹介されます。お暇の折にはご覧くださいませ。

    0 0
  • 07/23/12--09:00: やっと梅雨明け
  •  平成24年7月24日(火)

     きのう23日九州地方も去年より15日、平年よりも4日遅く梅雨が明けました。「今まで経験したことのない」と言う言葉が流行語になった大雨から解放されたようですが、被災地の復旧もこれからというところです。まだ行方が分からない方もおられます。
     自然は皮肉なもので悲しみの色も青く染めてしまっているようです。流れ着いている瓦礫に災害の痛ましさがわずかにうかがい知れます。



     雲仙普賢岳の頂は雲の帽子をかぶっています。



     こちらは多良岳。長崎県と佐賀県にまたがっています。



     北側を向けば福岡県との県境になります。手前の四ツ山には灯台があり、海の安全を守っています。



     これからうって変わって真夏日・猛暑日が続きそうです。



     でも早や秋の兆しも・・・。



     去る21日、参院の松村環境委員長が荒尾干潟の視察に見え、前畑市長、地元の県議・市議、行政関係者を前に、安尾さんがどんこの写真集をもとに説明をしました。このところ安尾さんはひっぱりだこです。





    【お礼・NHK「視点・論点」柳生博氏出演の紹介をしたところ、お忙しい中にご覧いただき、大変感激しています。また身に余るお褒めや激励を賜り、厚くお礼を申し上げます。これからもどうぞご指導のほどお願いいたします。】

    0 0
  • 07/26/12--09:00: 猛暑に咲く花
  •  平成24年7月27日(金)

     山鹿市の鹿央物産館にある蓮園の花です。蓮は早朝が見頃なのに早起きできないなかなか行けません。この日も昼を過ぎていました。それでも夏の風物詩、ちゃんと出迎えてくれました。蕾は期待感を秘めています



     恥じらうような表情も好きです。





     金輪蓮という名前が付いていましたが定かではありません。



     ひまわりは真夏の花。鮮やかでした。



     どんこの庭です。ケチョウsンアサガオは今年も元気に咲いてくれています。



     ハイビスカス。鉢植えのものです。



     パイナップルリリーはケヤキの木陰に・・・。



     雑多に植えている花畑。毎朝の水やりが大変です。【コメント欄はお休みです。


    0 0
  • 07/29/12--09:00: マジャク釣り大会
  •  平成24年7月30日(月)

     恒例のマジャク釣り大会が28日(土)に開催されました。今回はラムサール条約湿地登録を記念して特別に漁協のホールで「野鳥パネル展」も開かれましたのでちょっと顔を出しました。好天とあって千人以上の親子連れなどの参加(主催者談)があり、盛会でした。
     マジャクとはアナジャコのことです。

     どんこは干潟には入りませんでしたが臨場感のある記事と写真は西日本新聞のこの記事をご覧下さい。受付になっている漁協には「祝 ラムサール条約湿地登録」という垂れ幕も下がっていました。



     このように、漁協下のぬかるまない「海の道」を通って漁場へ向かいます。



     もう早速釣っている人たちもいるようです。



     マジャクの数より人間の方が多いようだと岸辺の人が言っていました。





     テーラーでも乗り入れられます。



     大会終了後、参加者たちにマジャクの試食会も無料で行われました。



     どんこの「野鳥パネル展」は市の環境保全課の取り組みです。安尾さんがいつものように尽力されました。市長、市議会議長、漁協組合長さんを初め、大会参加の親子連れも大勢見ていただきました。またラムサール条約湿地登録を記念して、きょう30日(月)から8月20日(月)まで新作を加え市の大型商業施設「シティーモール」で「野鳥の写真パネル展」を開催することになりました。近隣の方でお暇の折はどうぞご観覧いただければ嬉しいです。




    0 0
  • 08/03/12--11:44: 8月初頭の渡り鳥
  •  平成24年8月2日(木)

     大雨による瓦礫は関係者の努力で少しずつ片付いてはいますが、渡り鳥の休息の砂浜はまだご覧の通りです。



     良く見ると瓦礫の隙間に鳥たちの姿を見ることが出来ます。



     もう秋の渡りのはしりでしょうか。 



     メダイチドリ、キョウジョシギ、シロチドリ、オバシギなどの姿が見えます。





     これがメダイチドリです。胸に赤茶色のエプロン状の羽毛が特色です。



     ダイゼン。斜(はす)に構えています。



     ソリハシシギ。頭だけ見えているのはメダイチドリです。



     ラムサール条約湿地登録記念のポスターを市当局から届けていただきました。。どんこの写真が使われています。



     8月のポストカード。暑中見舞いも兼ねています。お互い熱中症に気をつけましょう。お陰様で台風10号の影響は全くありませんでした。雨が欲しかったなあと言うのはちょっと贅沢でしょうか。


    0 0

     平成24年8月5日(日)

     水車は日本の原風景のひとつです。多くの方は郷愁を感じると思います。どんこもその一人です。朝倉の三連水車には心惹かれるものがあり、たまに出かけます。
     「三連水車の里」には水車公園があり「公園内には水路が流れ、1年中活動する三連水車の実物大モニュメントを設置。菱野の三連水車が稼動していない秋〜春にかけても、迫力のある力強い水車の動きを見ることができます。」(朝倉市HP)。



     駐車場、出来たての野菜等の販売所や多目的広場もあり、ゆったりとしているので社会科見学には向いています。



     これは現役の菱野の三連水車です。今も田圃を潤しています。



     分かりやすい看板も出ています。



     タフな水車です。



     このようにして川の水が上げられ、流されていきます。



     三島と九重の二連水車を歩いて見にいきます。駐車場がないので道路の傍らに置いています。車の通りが少ないのは助かります。



     三島の二連水車。黄色と赤いカンナの花が咲いていました。



     これは九重の二連水車。朽ちた紫陽花が見えていました。 【コメント欄は閉じています。】


    0 0

     平成24年8月8日(水)

     お隣の福岡県大牟田市にある有明新報と言う地方新聞社主催の中学野球大会は県境を挟んで近隣の中学校は優勝旗を争奪する歴史のある大会です。わが母校荒尾一中(現・海陽中)は最多の7回の優勝経験があります。チョロ2の荒尾四中も過去4回優勝しています。昨年はベスト4に終わりました。今年の優勝は海陽中で荒尾一中からの通算で8回目になりました。

     荒尾市営球場です。チョロ2は初戦、福岡県大川中との試合、1番ショートで先発しました。打撃は振るいませんでしたが出塁し、先制の1点を上げました。



     敵失などで得点を重ねます。



     主軸も当たりました。



     3回までに8点を奪い、結局15−0で勝ちました。



     2日目の5日(日)、舞台を大牟田市の延命球場に移し、2回戦に進みました。相手は大牟田市の右京中です。



     この試合も1番、ショートです。写真右端、背番号9がチョロ2です。



     この試合は2四球で出塁しましたが無安打でした。



     試合は再逆転を許し、3−4で6回時間切れで敗れました。新チームでは投手をするように監督の先生から言われているそうです。3年生が引退し、早速新チームによる練習が始まっているようです。


    0 0
  • 08/10/12--09:00: 真夏の海岸
  •  平成24年8月11日(土)

     立秋を過ぎたとは言えまだ海岸は真夏の感じです。雲仙普賢岳は雲の帽子をかぶっています。



     多良岳もまだ夏の装いです。



     渡り鳥の安息場にはまだ鳥たちの姿はまばらです。今なお瓦礫が残っています。



     長州港方面へ足を延ばします。もうここはラムサール条約湿地登録の圏外です。アサリの漁場を造るために山砂を入れる工事が進んでいました。



     工事の看板です。



     漁場が蘇ることを願っています。



     長州港の一角には今度の水害で集められた瓦礫の処理が行われていました。





     チェーンソーで大木を切断していました。



     対岸の多比良港とを結ぶ有明フェリーです。間もなくお盆。帰省客や観光客で混雑が予想されています。
     【コメント欄はお休みです。】


    0 0

     平成24年8月14日(火)

     オリンピックの祭典が終わりました。こちらは先日行われた荒炎祭です。過去には運動公園、競馬場、グリーンランド等開催場所が転々としていましたが、やっと大型商業施設の広場に定着したようです。
     汗だくだくでオープニングの荒尾太鼓が響き渡っていました。



     出演者でしょうか。若者たちが会場へ向かっています。



     出店も結構出ています。



     夜の行列に備えて山車も待機しています。辛亥革命の孫文の強力な支援者だった荒尾の宮崎滔天も描かれています。



     今夏ラムサール条約湿地登録された荒尾干潟、市の鳥・シロチドリも荒尾美術協会や荒尾四中の生徒によって見事に仕上がっていました。



     祭はみんなの力で盛り上がります。



     地元の放送局も定時番組で生中継をしていました。



     夜はもっと多くの人出で賑わいます。

    0 0

     平成24年8月17日(金)

     15日の夕刻、正楽寺の盂蘭盆会にお詣りしました。



     孟宗竹で作ったぼんぼりが据え付けられていました。



     毎年「一見会」という正楽寺壮年会のメンバーが作ってくれます。



     中学生くらいの若い層もお詣りに来てくれています。ありがたいことです。



     「恩徳讃」の歌の指導をしているのは御前さん(前住職)の長女さんです。



     お詣りが始まります。お経が始まってから、参拝者全員がお焼香を上げます。今年初盆を迎えられたのは32名の方でした。



     住職の法話も板に付いてきました。



     

older | 1 | .... | 3 | 4 | (Page 5) | 6 | 7 | .... | 44 | newer