Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。 日常を出来得れば自然と融合したいと思っています。  

older | 1 | .... | 36 | 37 | (Page 38) | 39 | 40 | .... | 44 | newer

    0 0

     平成29年12月12日(火)

     12月5日の昼過ぎ、「もうクロツラヘラサギが来ているかも知れない」と期待を込めながら知人とお隣の長洲町・大堤池に向かいました。いましたが広い池の西のはずれ群れで休息していました。知人は16羽と数えていましたがダイサギも2羽いました。



     良く見るとエサ取りをしているようです。



     水が少なくなっていてここには小さな川エビなどもいて、ここ数年クロツラヘラサギの休息地としてなっています。





     右端のは顔の部分が白いヘラサギです。



     こちらがクロツラヘラサギです。距離は50メートルほどはあり、これ以上は近づいてこないので諦めて帰りました。





     2日後の7日、昼前に行ってみました。道路から30メートル、池の南側の枯れ木にとまっているクロツラヘラサギ達がいました。
     周囲の草刈りをしていたおじさんが「あの鳥は午前中は今の所にいて、午後は西の奥の方、夕方は駐車場に近い藪の下」とクロツラヘラサギの習性を教えてくれた。



     くちばしや顔を羽の中に入れて休んでいます。右下の黒い鳥はカワウです。



     枯れ木は格好の宿り木になっています。



     カワウがクロツラヘラサギをじっと見ている感じです。 





     冬の大堤池は静かな湖面です。



     以下の3枚は荒尾港付近で撮った過去の写真です。飛ぶクロツラヘラサギの幼鳥。



     羽の先端に黒い色が残っているのが幼鳥の特色です。



     あの長いくちばしで巧みに魚をゲットします。  


    0 0
  • 12/14/17--19:18: 晩秋の花々
  •  平成29年12月15日(金)

    秋から撮っていた写真です。庭に咲く皇帝ダリアです。夏の筆り続きで育ちが良くありませんでした。







     小菊もいろいろ咲いてくれました。











     これは知人から苗をいただたものです。





     末期になると色が変わっていきます。



     いつも仏壇に供えている黄色の小菊です。



     お馴染みのコエビソウです。



     君の名は?



     おまけは晩白柚(ばんぺいゆ)です。直径は20センチくらいあります。


    0 0

     平成29年12月18日(月)

     小岱山にある蓮華院から玉名市方面へ下る山道です。あまり車の通りはありません。12月5日の撮影です。



     木立が覆いかぶさっています。



     紅葉が見られます。



     小岱山名残の紅葉です。



     小岱山麓にある玉名市の蛇ケ谷公園の駐車場です。



     まだ緑のモミジもあります。



     この紅葉はタイワンフウではないかと知人が教えてくれました。



     蛇ケ谷公園の正面入り口です。園内の紅葉・黄葉をじっくりとご覧ください。

















     今年最後の紅葉・黄葉便りでした。【コメント欄は閉じています。ご覧いただきありがとうございました。】


    0 0
  • 12/20/17--13:40: 庭にやってくる鳥
  •  平成29年12月21日(木)

     もうミカンなどの餌付けはしていません。それでも鳥たちがやってくるのはありがたいです。今回は庭にやってくる鳥の一例を紹介します。
     ジョウビタキ(常鶲)は人懐こい鳥で、オスは白い紋付が特色です。



     鳴き声は「」ヒッ ヒッ」「カッ カッ」



     ハクセキレイ(白鶺鴒)。スマート。物おじしない鳥です。コンビニの駐車場でも良く見られます。



     「チュチュン、チュチュン」と囀ります。







     ヒヨドリ(鵯)。「ピィー」「ピーヨ」の鳴き声。



     枇杷の花の蜜を吸っています。



     柿の木にとまるシロハラ(白腹)。文字通り白い腹をしています。対義語は「クロハラ」。別名・「永田町鳥」。 



     スズメ(雀)。全国に生息、一番親しまれている鳥。近年、少なくなってきたと言われています。



     コゲラ(小啄木鳥)。キツツキ科の鳥。



     いつもは「ギィー」と鳴き、繁殖期には「キッキキ」とうるさく鳴く。



     留鳥または漂鳥としてほぼ全国的に生育していると言われています。
     


     カササギ(鵲)。佐賀県の鳥に指定。電柱などに巣を作り、嫌われている。朝早くやってきて、時計代わりの役を果たしています。


    0 0
  • 12/23/17--14:04: 冬の柳川そぞろ歩き
  •  平成29年12月24日(日)

     沿岸道路がかなり整備されて柳川までの時間的距離がかなり縮まりました。久しぶりに知人との柳川紀行です。近くの「御花」にクルマを停めて「集景亭ダイニング」で先ずランチをしました。



     柳にお濠、柳川らしい風景があちこちで見られます。 



     この橋の下を名物・どんこ舟が客を乗せて潜り抜けます。



     川面に映る木の枝がかすかに揺れています。



     白秋の歌碑が建っています。『我つひに還り來にけり倉下や 揺るる水照に影はありつつ』




     今の時期はこたつ船になっています。



     お客さんは橋の下をくぐる時にはご覧のように寝そべります。若い船頭さんはパフォーマンスで欄干に飛び乗り、舟が通り過ぎたらまた船に飛び降ります。舟の客からも橋上やんやの喝采が送られます。年を取った船頭さんは乗客と同じように寝そべります。



     この人は若い船頭さんです。



     ぴょんと飛び降りました。



     船頭さんは大声で歌も歌ってくれます。



     白秋道路はお濠にに沿って散策を楽しめます。



     あちこちにどんこ舟の乗降場があります。中国からの予約客や団体のツアー客で結構賑わっていました。個人で利用は40分程度で一人千円とリーズナブルな料金です。のどかな風景をお楽しみください。







     檀一雄の文学碑に向かいました。



     刻まれている文字は読み取りにくかったです。



     「小野家屋敷跡」は更地になっていました。あのオノ・ヨーコさんゆかりの屋敷跡です。
     そぞろ歩きでこの日の歩数は5.5キロ、9,648歩でした。




    0 0
  • 12/26/17--12:32: 冬の渡り鳥
  •  平成29年12月27日(水)

     きのう26日は21日のPET検査を受けての主治医の診察日でした。結果は・・・

     【12月11日の撮影です。】雲仙普賢岳の上空は暑い雲です。



     海苔畑の向こうを貨物船が航行しています。背景は島原の町並みです。





     浜辺のハマシギです。多くの渡り鳥は暖かいオーストラリは方面へ渡っていますが一部のシギ・チドリ(略してシギチと呼んでいます)はここ荒尾干潟などで越冬します。





     右から2番目のはシロチドリです。荒尾市の鳥です。



     3羽のハマシギ。



     10羽います。



     戦闘はシロチドリ(オス)です。頭部の端っこの黒い毛で識別できます。



     ハマシギの口ばしは黒くて下に少しばかり湾曲しています。



     2羽ともオスです。頭部にその特色があります。







     波打ち際を走るシロチドリです。



     冬の日が海面に射しこんでいます。


    0 0
  • 12/29/17--08:00: 荒海、そして・・・
  •  平成29年12月30日(土)

     今年最後のアップです。昨年中はいろいろとお世話になりました。思いがけず抗がん剤治療を受けることになり、私にとってはも家族にとっても波乱の年でした。ちょうどこの荒れた海のように・・・。でもお陰様で「寛解」までこぎつけることが出来ました。これまでのご支援に改めて感謝申し上げます。



     穏やかな海で渡り鳥たちもやってくる荒尾の海ですが波立つこともあります。



      この夏の豪雨で打ち上げられた瓦礫が山積みされています。九州北部豪雨は各地に大きな爪痕を残しました。一昨年の地震で傷みつけられた上に二重の惨禍を受けた地域もあります。



     波打ち際のバシャッ、バシャッと言う音も響いてきます。



     飛沫が上がります。



     風が強くなりました。



     遠く、佐賀の背振の山並みも霞んでいます。



     荒尾港の防波堤がほんの少し見えています。



     波打ち際にハシボソガラスが1羽見えます。



     右側の大きな建物は三光(株)有明工場です。



     日が替わるとこうして穏やかさが戻ってきます。



     夕焼け空を眺める幸せそうなカップルです。



     明日の幸せを夢見るように陽は沈んでいきます。
     皆様にとって来る年が一層いい年になりますように心より願っています。
     

    0 0

     平成30年1月1日(月)

     昨年中はいろいろとお世話になりました。今年はいい年になりますように・・・。
     ヘラサギ(大堤池)です。



     有明海の夕陽です。



     ボラが跳ねています。



     中平(なかでら)窯・窯元のの息子さん(智成さん)(佐賀大美術・工芸課程家卒)が焼いてくれたお皿です。寛解祝にいただきました。


    0 0
  • 01/03/18--13:04: 今年の初詣
  •  平成30年(2018)1月4日(木)

     早や三が日も過ぎましたね。つつがなくお正月を過ごされたことでしょう。今年の初詣は先ず近くの四宮八幡宮へお参りしました。



     出会った参拝客は三家族のみでした。



     例年公役(くやく)で句のみんなで清掃作業が行われるのですが、今年は雨で中止になりました。それでもきれいに整備されていたのは役員さん方のお骨折りのお陰でしょうか。



     小さな本殿です。発毛絵ではお願い事はしないといういわれがありますので、これまでの恩恵に感謝しました。 





     境内をパノラマで撮りました。



     2日には近くに住む次女一家が来て、新年会をしました。揃ったところで菩提寺である正楽寺へお参りにいきました。傷んでいた山門の修復も出来ていました。



     本堂も改築されて10年を経過しました。 



     本殿内にある位牌堂に眠っている先祖にお参りしまてきました。



     連れ合いの郷里から送られてきたブリ(鰤)です。 



     タイ(鯛)も2尾送ってきました。おせちは例年取り寄せています。



    例年外で新年会をするのですが今年は家ですき焼きをしました。 【コメント欄はお休みです。お越しいただきありがとうございました。】


    0 0

     平成30年1月7日(日)

     正月の2日、郵便局の帰り荒尾港へ回ってみました。初詣で賑わう四山神社は白い灯台の北側にあります。小さな漁港ですが港内にはヒドリガモ、カルガモがのんびり浮いていました。



     防波堤の紙面ぎりぎりの所で休んでいるハマシギ(浜鴫)です。大半は暖かいオーストラリア方面へ渡っていきますが一部はこうして越冬しています。



     ヒドリガモ(緋鳥鴨)たちと仲良く日向ぼっこです。



     寒いのでしょうか、やや首を縮めています。



     時々羽繕いをします。広げる羽は美しいです。



     港内を飛び回ったりします。



     右へ行ったり・・・



     旋回したり・・・



     左へ行ったり・・・を繰り返します。









     やがて元の場所へ戻ってきます。



     ああ、やっぱり落ち着くなあ・・・と。



     ハマシギは山野のムクドリよりも一回り小さく、全長が21㎝です。



     鳴き声は「プリッ」「ピィリ」。



     夏場には腹部が黒くなりますがナガタチョウ(永田鳥!)とは比較できないほど可愛い鳥です。


    0 0
  • 01/09/18--13:37: 冬季の菜園
  •  平成30年1月10日(水)

     きょうは七草、やっぱり野菜は欠かせませんね。
     家の敷地内の菜園近況です。連れ合いが暇々に育成しています。コカブ(小株)です。



     ダイコン(大根)です。よその菜園に比べて小さいと言っていました。



     ニンジン(人参。



     ゴボウ(牛蒡)。



     キャベツ。人間様より虫の方が先に食べています。



     ブロッコリー。



     カリフラワー。



     ハクサイ(白菜)、ニンニク(大蒜)なども少々。



     これは私が買ってきて植えたキンカン(金柑)です。ジャンボキンカンと言われたのに普通のキンカンでした。



     庭の片隅にひっそりと咲き始めたスイセン(水仙)です。【コメント欄はお休みです。お越しいただきありがとうございました。】


    0 0

     平成30年1月13日(土)

     暮れの23日に一人でお隣の長洲町の大堤池へ行ってきました。ヒドリガモやカルガモと一緒にいる白い鳥が見えます。



     お目当てのクロツラヘラサギとヘラサギです。



     カモたちと仲良く共存です。



     カルガモがいます。



     クロツラヘラサギ(黒面箆鷺)は目のところまで黒い羽毛がありますが、右側の向こうのは目の所も白いです。これがヘラサギ(箆鷺)です。中央小さく映っているのはダイサギ(大鷺)です。羽を広げているのはクロツラヘラサギの幼鳥です。翅の先端に黒い羽毛が残っているので分かります。 





     クロツラヘラサギです。



     白い小顔のヘラサギです。



     左がヘラサギ(全長87㎝)、右がクロツラヘラサギ(全長74㎝)です。クロツラヘラサギが一回り小さいです。



     もう識別が出来ますね・・・。







     ヘラサギは今年の年賀状に使わせていただきました。



     クロツラヘラサギ二態です。絶滅危惧種に指定されています。



     今月の21日には一斉調査が行われます。「2017年の世界一斉調査では3,941羽が確認され、前年より17.4%(+585羽)の増加です。」(日本野鳥の会 : クロツラヘラサギ調査研究プロジェクト)


    0 0
  • 01/15/18--13:48: 冬の荒尾海岸風景
  •  平成30年1月16日(火)

     友人から「きょうは雲仙岳がきれいに見える」と電話があったのでカメラを用意して出かけました。電話をかけた本人の姿はもうありませんでした。 



     「島原が間近に見えている。」と伝えてきた通りでした。



     ちょっとアングルを変えて撮ってみました。



     もう少ししゃがんで撮りました。



     立って撮った多良岳です。



     しゃがんで撮りました。



     荒尾港遠望です。その向こうは佐賀の背振の山並みです。



     右端の白い灯台は四山神社に併設しています。



     女性がたたずんで海を眺めていました。



     別の日、iPhone8+で撮った長洲沖のタンカーです。



     この日は沖合でズグロカモメが群れていました。



     また3日の画像に戻ります。上空は晴れていました。



     正月は4日までいい天気に恵まれました。



     ビジターセンター(仮称)の建設予定地には更に盛土工事が今春も行われるようです。



     いよいよ今年から建設着工の予定になっています。


    0 0
  • 01/18/18--14:04: 越冬中のシロチドリ
  •  平成30年1月19日(金)

     正月2日の荒尾海岸での撮影です。今年の正月は穏やかな天気に恵まれました。年賀状の返事を投函に行った帰りに荒尾港ー荒尾海岸へと回ってきた時の撮影です。シロチドリ(白千鳥)の小集団が波打ち際で見られました。





     満潮時にはこうして休息をします。



     中にはちょろちょろ動き回る子もいます。子と言っても親鳥ですが・・・。



     寒さで少し丸くなっています。



     その名の通り白い鳥です。背を向けているのもシロチドリです。



     3羽ともオスです。頭部の先の黒さで識別できます。全長は17センチでハマシギより一回り小さい鳥です。





     荒尾市の鳥に指定されています。





     おまけはミサゴ。魚をつかんで飛んでいきました。


    0 0
  • 01/21/18--14:19: 浦川のほとり
  •  平成30年1月22日(月)

     少し出歩くようになって、近くの浦川べりを歩いた今月の6日、18日、19日の画像です。10分ほど歩くと川の向こうに小岱山が見えます。



     振り返ると四宮さんと呼ばれている蔵満八幡宮のある森が左手に見えます。



     この竹やぶの向こうにはいとこの家がありますが、今は無人です。少年時代には良く遊びに行っていましたが、従兄夫婦も亡くなってしまいました。



     この橋の名は「みなじりばし}(美名尻橋)です。川幅は30メートほどあります。



     これは1月6日の撮影。まだ川には水がいっぱい流れています。



     18日に行ったら少し霧が出て、皮のラバーダムが落とされて流れが激減、水面にフナやコイがアップアップしていました。



     魚は白い腹を見せて苦しそうです。



     縦に泳ぐほどの水深もありません。



     死んではいません。


     体長が50センチ近いコイです。



     バンの群れがいました。フナやコイが大きくて食べることは出来ないようでした。



     餌をかぎつけたのかタシギの群れもいます。



     6日の画像。北側です。右手にはグリーンランドの観覧車が小さく見えます。近隣の人はフナやコイを獲る人はいません。川魚は食べる習慣がないようです。



     18日の画像。白く魚たちが見えます。いつまでラバーダムを落としているのか良く分かりませんが魚の命は生かしてほしいものです。【翌19日、そばに行ったらもうラバーダムが張られていました。下流のダムが落とされていて、そちらは水底が見えていました。順々に日干しをしていくのでしょうか。】



     この日は川の淵の草刈りが行われていました。体調を壊して昨日は市民病院の救急外来を受診しました。幸い言インフルエンザ検査では陰性でした。【コメント欄はお休みです。次回は開ける予定です。】


    0 0

     平成30年1月25日(木)

    鳥仲間の安尾さんからヒシクイ(菱喰)が来ているとの連絡があり、1月12日撮りにいきました。市内の宮内(くない)地区の田んぼです。左側の建物は三池生コン工場です。



     東方向は新興住宅地の東屋形です。



     生コン工場の南側のの田んぼに9羽が確認出来ました。ヒシクイとオオヒシクイが混じっています。





     両者の違いが分かるサイトを安尾さんが教えてくれました。



     口ばしの形にコブがあり、首の短いのがヒシクイです。首が長くて口ばしがスッとしているのがオオヒシクイです。



     私の写真では分かりにくいかも知れませんが・・・。





     大体、違いがお分かりになったと思います。



     畦道は近所にひとの散歩道にになっていて、人が通ると驚いて飛び立つこともあります



     遠目に見るとカモの飛形のようです。それもそのはずカモ科の鳥でガチョウくらいの大きさです。



     荒尾港の方角へ飛んでいきました。小1時間くらい待ちましたが戻ってきませんでした。【コメント欄は今回も閉じています。次回は大丈夫だと思います。】


    0 0

     平成30年1月28日(日)

     家から7,8分歩いた三差路にこういう標識が立っています。でもこの標識の道をたどっていっても個人の所有地を通らなけねばならず目的地に行くのは難しいです。「まつのきどん」とは地名の俗称です。「松の木のある所」と言う意味だと思います。 



     迂回して天神木地区の入口・子どもの頃から「西の坂」と読んでいる方へ迂回しました。古い門柱が立っています。昔の屋敷跡だろうと前々から思っていましたが、たまたまここの地主が来られていて「父が市役所を退職する時に家を新築するつもりで先に門柱を立てたけれども事情があって家は建てなかった。」と話してくれました。広い宅地を時々除草に来ているとのことでした。  

     許可を得て中へ入ると同じ標識が立っていて、石塔もありました。


     竹が生い茂り、ちしゃのき(苣木)を覆っています。


     高さは30メートルほはありましょうか。


     幹の中央部です。竹が生い茂り、根元からてっぺんまでカメラでは収まりません。三つに分けて写しました。






     本市で「ふるさと熊本の樹木」に指定されているのは3カ所です。そのうちの一つ三宮神社の楠です。もう一カ所は浄行寺の大銀杏です。画像はありません。【今回もコメント欄は休ませていただきました。皆様へのご訪問・コメントも出来ずに申し訳ありません。】

     <NHKBSプレミアムで再放送されている朝ドラ「花子とアン」。蓮子さんの恋の相手・宮本龍一は当荒尾市の革命家・宮崎滔天の長男・龍介です。二人の間で生まれた長男・香織は学徒動員で爆撃を受けて戦死しています。宮崎家は長女・蕗苳が継いでいる。>



    0 0

     平成30年1月31日(水)

     風邪等で体調を壊さない頃の1月19日、長洲港へ鳥見に行った

    時の記録です。潮受け堤防の内側でクロツラヘラサギがしきりに餌をあさっていました。

     向こうの堤防でクロツラヘラサギやユリカモメが休んでいます。

     長い堤防には人が入れないので安全な休息場です。ここには4羽いましたがそのうちの3羽です。

     絶滅危惧種であるクロツラヘラサギとズグロカモメの一斉調査が21日に行われましたがそのうち調査結果が出てくるはずです。

     ユリカモメがずらり並んでいます。フンの軌跡もはっきり残っています。

     水浴びしているユリカモメです。

     夏場にはズグロカモメ同様頭部が黒くなりますが、この時期はまだ白いです。

     対岸の長崎県多比良港へ向かう有明フェリーです。フェリーの向こう側には先客がいて、ユリカモメが群れているはず。

     港の東側の高架道路上空に舞うセグロカモメです。

     頭上に飛来してきました。望遠レンズで追いかけました。

     精悍な顔つきです。全長61㎝でハシブトガラスくらいの大きさですが、白いのでカラスより大きき見えるようです。

     先ほど出港したフェリーがもうはるか沖合を航行しています。長洲港ー多比良港の所要時間は45分です。

     


    0 0

     平成30年2月3日(土)

     前回の続編です。長洲港までは自宅から車で10分そこそこで行ける距離です。ハシボソガラスが獲った魚を食べていました

      雑食性で食欲は旺盛です。

      つがいかな?背を向けていますが雰囲気は悪くありません。

      イソヒヨドリです。ここでは良く見受けられます。 

      猛禽類のミサゴです。英名はオスプレイ。

      上空を旋回して獲物を狙います。

      漢字では「鶚」と表記します。

     

      獲物を見つけると水面へ突入、足で捕まえて飛んでいきます。

     正月の荒尾港マガモです。足首に標識のフラッグが見えます。

      ヒドリガモです。

      手前は越冬中のハマシギです。

       カルガモも泳いでいました。

     2月に入っています。今年はやけに寒い日々が続き、インフルエンザが猛威を振るっています。お互い気を付けましょう。【鳥仲間の親友・安尾さんの奥様が急逝され、1日が葬儀でした。心臓カテーテルの治療が済み、31日退院の予定でしたが、容態が急変、30日にお亡くなりになりました。痛恨の極みです。中学の1級後輩でとてもお元気だったのに、信じられません。一人暮らしになる安尾さんが気がかりです。】


    0 0
  • 02/06/18--00:17: 二月の荒尾海岸
  •  平成30年2月6日(土)

     寒い日が続く荒尾の海岸です。榎の大木も寒そうです。手前は私の愛車です。

     上空の雲も心なしか寒そう!

     珍しく油絵を描いている人を見かけました。お隣の大牟田から来たそうです。「寒かでしょう?」と声をかけたら「寒なかです。」(寒くないです)と返ってきました。描画に集中されているのでしょうね。

     

     昔の海水浴場はこの辺一帯でした。店が立ち並び、貸し切りボートで賑わっていました。市営の無料休憩所や三井系の会社の休憩所も数軒建っていました。全盛期にはダンスホールやパチンコ屋もありました。飛び込み合いも2,3台あり、私らも良く飛び込んで遊びました。iPhone8+でのパノラマ写真です。

     良く見たら犬を遊びにつれてきている夫婦のようでした。

     干潮で沖まで潮が引いています。雲仙普賢岳には雲がかかっています。

     北西側の眺め。かすかに佐賀の背振の山脈が見えます。

     普賢岳には積雪が見られるはずですが、くすんでいて見えません。

     海苔舟が残照で黒っぽく見えます。

     上空をヘリコプターが飛んでいきました。


older | 1 | .... | 36 | 37 | (Page 38) | 39 | 40 | .... | 44 | newer