Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。 日常を出来得れば自然と融合したいと思っています。  

older | 1 | .... | 43 | 44 | (Page 45)

    0 0

     平成31(2019)年1月13日(日)

     海の近くを通るJR鹿児島本線、界隈に用のなくなった海苔船が放置してあります。

     海岸近くの人家のそばにも・・・。

     これはもうすっかり朽ち果てています。

     処分されないままの船です。

     蔦が巻き、辛うじて船の形を留めています。

     海岸の松林にはこうした無数の船が残骸をさらしています。私の住む蔵満区だけでもかつては50軒を超える海苔業者がいましたが、今は1軒もありません。

     移植されたハマゴウです。根付いているかどうかはまだ分かりません。

     カルガモの群れです。

     マガモも混じっていました。

     雲仙普賢岳です。

     若い女性が干潟を眺めていました。

     海苔の手入れをしたテーラーが帰路につくところです。

     夕陽が落ちていきます。

     冬の蔵満海岸界隈の風景でした。


    0 0
  • 01/15/19--23:45: 初春の荒尾海岸探鳥
  •  平成31(2019)年1月16日(水)

      1月の10日、蔵満海岸の北約1キロの増永海岸です。満潮時を見計らって探鳥に出かけました。波打ち際にシギ・チドリ類が150羽ほど休んでいました。この子たちは越冬組です。

      カメラとの距離は50メートルほどです。

      ちょっと南では魚釣りの人もいます。

      ちょうど椅子が置いてあったので、これに腰掛けて撮ることにしました。

      シロチドリ、ハマシギが見えます。

      寒さのせいでシロチドリはふっくらとおなかを膨らませています。

      おなかの白いのがシロチドリです。荒尾市の鳥になっています。

      時々飛び立ちます。

      でもすぐにUターンして戻ってきます。

     

      ハマシギが多いようです。

      降り立ちます。

     

      空中にいるのはシロチドリです。【コメント欄は閉じています】


    0 0

     平成31(2019)年1月19日(土)

     平成19年から21年まで3年連続で行ったきり、途絶えていました。10年前の記事です。一の鳥居の前です。

     

      かつての教え子たちが区長をしたり地区の担い手になっています。野原区長をしているYさんが挨拶しました。

      大勢の人が見守っています。

      さあ、点火です。

      近くに竹藪や公共施設があるので、類焼しないよう消防車からの放水も行われます。

      音立てて勢いよく燃え上がります。

     

      餅や木の準備をしているおじいちゃんです。

      残り火で一斉に餅を焼きます。竹に針金を括り付け、餅を取り付けるのです。

      まだ熱いので用心、用心。

      子どもたちも真剣です。

     さぁ、ふたり仲良く食べましょう! 

      醤油や砂糖も用意されています。

      好天気に恵まれた今年の野原八幡宮の「どんどや」でした。

     動画を掲載しました。お時間のある方はご覧下さい。30秒と1分、短いです。

     


    0 0
  • 01/21/19--20:28: 散歩道風景
  •  平成31年1月22日(火)

      最近は体調もまずまずで1日平均7千~8千歩を歩いています。週に2回は1万歩を越えます。歩きながら撮ったスナップです。蔵満神社を北側からの撮りました。

      昔、出城があったと言う地区を通ります。その名も「城」地区です。

      浦川にはいくつか橋が架かっています。これは烏芋田(くわいだ)橋です。南には思案橋があります。

      烏芋田(くわいだ)橋から15分ばかり北へ歩くと美名尻(みなじり)橋です。「美名尻」も「烏芋田」も古い地名のようです。

      畑田ゴム井堰と言うラバーダムがあります。

      雲仙普賢岳が見えます。

      再び城(じょう)地区の集落へ戻ります。従兄の家がありますが、亡くなって今は無人です。

      家のそばに水仙や蝋梅が咲いていました。

     

      狭い坂道を上りました。

      「城」地区を抜けると次は天神木(てじんのき)と言う地区です。

      N坂さんは発動機収集で知られています。家の入口近くに実物が飾ってあります。

     「天神木」の坂道を下ります。

      もうわが地区「蔵満」(くらみつ)です。

     

      夕焼けが広がっています。1時間ばかりの散歩の終わりです【コメント欄は閉じています。】

     


older | 1 | .... | 43 | 44 | (Page 45)