Attn! Always use a VPN when RSSing!
Your IP adress is . Country:
Your ISP blocks content and issues fines based on your location. Hide your IP address with a VPN!
Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

ようこそ、どんこの小部屋へ。ゆっくりくつろいでください。 日常を出来得れば自然と融合したいと思っています。  

older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 44 | newer

    0 0

     平成27年3月1日(日)

     ラムサール条約湿地登録の荒尾干潟。その地に設置される予定のビジターセンターへの「展示基本計画の策定、普及啓発物品の制作等」について意見を出し合う「荒尾干潟ワークショップ」の最終回が先日開かれました。地元関係者からの意見・アイデアを出し合う会で、私もその一員として参加しています。主催は「環境省 九州地方環境事務所 野生生物課」です。
     今までの流れと最終回のプログラムです。



     参加者は地元関係者を中心に・有識者・地元住民・荒尾干潟保全・賢明利活用協議会(構成団体)、行政(県、荒尾市、長洲町)等多岐にわたっています。



     鹿島干潟展望館中村館長の話はその行動力と活動の多彩さでとても参考になりました。 



     ビジターセンターをより魅力的なものにする表現方法について各自アイデア・意見をカードに書いて貼付します。



     漁業者は実体験に基づき意見を述べています。



     地元の高校の「生物クラブ」で生徒と共に活動しているM先生。有明海の潮流の展示についてアドバイス。



     各班で検討した「魅力の発信・活用方法」の発表。



     若い人が意欲的にまとめを発表してくれます。毎回熱気に溢れていました。この会の雰囲気、新市長にも見てもらいたかったなあ。



     講評は東海大学K教授。毎回参加され、意欲的に指導助言をされていました。ビジターセンターへの展望が拓けたと締めくくられました。



     弥生の3月到来です。


    0 0
  • 03/04/15--19:21: 冬季の渡り鳥
  •  平成27年3月4日(水)

     三池港に石油を下ろしたのでしょうか。タンカーがゆっくり南へ向かっていました。多良岳の麓が間近に見えます。



     荒尾海岸では珍しいコアオアシシギです。安尾さんの見立てでは「幼羽で第1回冬羽換羽」ではないかと言うことです。



     潮が満ちていて脚の全貌が見えないのが残念でした。





     ダイゼンは1羽の単独行動でした。



     アオサを食べていました。



     ズグロカモメの餌を獲るシーンです。



     くわえたカニを岸辺に運び、これからゆっくり食べます。逆光で波がキラキラ光っていました。




    0 0

     平成27年3月7日(土)

     八女までは一般道を通っても1時間はかかりません。いい天気でしたのでカメラ仲間と出かけました。伝統工芸館の前には大きな灯籠が建っています。



     中に入るときらびやかなお雛様がずらり並んでいます。



     “さげもん”もあります。



     陳列されているほんの一例です。



     仏壇・提灯の町としても知られています。



     日本一の仏壇。高さ6.5m、幅3.8m、奥行き2.5m、重量2屯、材料費3,500万円(平成4年)。今ならもっとかかることでしょう。



     竹細工も展示即売されています。伝統工芸館では他に日本一の仏壇も展示、紙漉き体験も出来ます。



     堺屋(旧木下家)の庭です。旧木下家は昭和63年、市に寄贈されています。



     裏の出入口です。小さな石橋を渡ります。



     古い町並み、白壁の町としても知られています。平日にしても人影が少なかったです。





     「創作とんぼ玉工房」にふらりと入りました。見ている間にとんぼ玉が出来上がりました。ネックレス、帯留、かんざし、指輪、携帯ストラップなど多彩な作品が展示され、売られています。値段も手頃なものから高級品まであります。主の山下さんは温厚で優しいお人です。 



     やっと人の姿が多く見られたと思ったら、食事処の前でした。


    0 0

     平成27年3月10日(火)

     「荒尾のまち案内人講座」、本年度最後の研修は大分・国東半島の名ガイド・藤原ちづ子さんの案内を実体験します。案内人の8名全員、母体の物語研究会から3名、JABコミニュケーションズから1名、産業振興課から5名、計17名で荒尾市役所を8時出発。



     大分に入り途中で藤原さんと合流しました。早速ガイド開始です。案内人たちは真剣に聞き入ります。
     


     「日本一の夕陽」が売りの真玉海岸。立て看板は目を惹きます。荒尾干潟にもこういうものが欲しい!



     この看板も荒尾干潟には是非欲しい!時刻の数字はマグネットです。



     真昼でしたが夕陽を見た~い、と皆さん異口同音に叫びました。



     藤原さんは聞く人を惹きつけるハートの持ち主です。ガイドは言葉でするのではなく、ハートでするものだと実感します。藤原さんを囲んでハイ、ポーズ。



     お昼は豊後高田市香々地(かがち)にある「味処豊後」。小さい店なので貸し切りでした。



     名物の昼御前。一杯飲みたいなぁ、と言う声が聞こえました。



     見送ってまでいただきました。次回は花の岬・香々地。長崎鼻リゾートキャンプ場、花公園などを予定しています。


    0 0
  • 03/13/15--22:00: ジャガイモ植え付け
  •  平成27年3月13日(金)

     去年は2月の23日、今年は1日遅れの24日です。昔のやり方で種ジャガイモを切り、灰にまぶしておきます。





     連作を嫌いますので、去年とは別の所に植え付けます。畑は広いので、まだまだ空いています。



     ここ3畝と別の1畝です。ビニールをかぶせます。



     穴掘り器は便利です。



     こちらの1列は倍の長さです。そうっと土をかぶせれば作業完了。



     今年のソラマメはカササギなどに種が食べられ、だめです。 



     最後の大根を収穫。



     フカネギは霜が降りると一層甘さが増します。


    0 0
  • 03/16/15--22:22: 春が待ち遠しい花々
  •  平成27年3月16日(月)

     3月も半ば、陽春が待ち遠しい庭の花々です。これはサンタロウの花。



     美味しい果実がなります。



     紫のヒヤシンス。



     ボケ。ピンクのボケは菜園にしたため伐採しました。今となっては移植しておけばと悔やまれます。



     遅咲きのキクラミネウス水仙。





     君の名は?



     もう1本になってしまったわが家の梅の木です。裏庭に残っています。



     小梅がびっしり実を付けます。



     これは、チンゲンサイの菜の花です。



     これも菜園のサヤマメの花。



     一輪開き始めたシャクナゲです。



     反対角度からアップ。



     牡丹の蕾もふくらみ始めました。


    0 0

     平成27年3月19日(木)

     酬恩社とは明治11年、時の権力体制が仏教を弱体化させようとした動きに立ち向かって結成されたものです。熊本の片田舎の荒尾玉名地区の寺院でも明治16年(1888)頃に現玉名市を中心とした高瀬組(たかせ・そ)、現荒尾市や長洲町を中心とした「長洲組」(ながす・そ)が結成され、過酷な第二次世界大戦中も途絶えることなく続いています。今回で130回目。お隣の正福寺での開催です。



     高瀬組16寺、長洲組15寺が順番に開催を受け持つことになっています。私もわが正楽寺のご門徒さん11名と一緒にお参りしました。



    釈即如龍谷門主の御消息(お手紙)の朗読です。昭和60年2月に下付されたもの。明治19年に下付された先代の御消息も大事に保存されています。いずれも結社の伝統を引き継ぎ、積極的な伝道活動を期待する内容です。



     5日間通しての法話は佐賀教区最勝寺の田中ご住職です。教典や先達の言葉を分かりやすく、かみ砕いてお話しされました。



     2年前はわが正楽寺での開催でした。思い出のスナップです。



     正楽寺では法話の中休みにはお茶とあめ玉などのおもてなしを子どもさんがしてくれました。



     今日の日程が終わりました。お世話する役員さんやおもてなしのご婦人方がお見送りです。


    0 0

     平成27年3月22日(日)

     宿(しゅく)交差点です。南関方面から正面・グリーンランドへ方面へ向かう県道314号線と左・玉名方面、右・大牟田方面の県道46号線が交差しています。



     宿という地名は旧三池往還が国道46号線のやや西側を並行して通っていた名残でしょうか。



     交差点の東はまだ原野の状態です。交差点の北西寄りには首塚古墳があり、少し南関寄りには平山天満宮があります。江戸時代から続いていると言われている「作試し」と言う祭事が有名です。神殿の台に載せたおみくじを神職が御幣で釣り上げ、その年の天候や農作物の出来を占います。また毎年9月1日には地区の祭・夜燈(よど)が行われ、楽(がく)[笛太鼓による演奏]が奉納されています。



     宿からずっと北へ進む次の交差点が尼ケ崎です。東西の道路は県道29号線です。正面は大牟田方面になります。



     手頃な値段でステーキが食べられるお店です。



     すぐそばには岩本橋があります。市に現存する3つの石橋の中では最も大きなものです。ここは三池往還の肥後と筑後の藩堺で、岩本番所がありました。(詳しいことはリンクをご覧下さい。)



     桜の季節。右上の建物は市立平井小学校です。 



     5月にはこいのぼり祭があります。向こうの山は小岱山。市内の全部の学校の校歌に歌われている山です。



     アオサギが飛んでいました。(四つ角物語、もう少し続きます。)【コメント欄はお休みです。】


    0 0

     平成27年3月25日(水)

     腹ごしらえをした一行は花の岬・香々地(かがち)に到着です。まもなくここら一帯は菜の花に包まれるそうです。藤原さんのガイドにも熱がこもります。



     海蝕洞穴へおそるおそる下ります。



     見えました!



     祠もあります。



     洞穴から出ると松林の向こうに周防灘が広がっていました。



     長崎鼻の灯台です。



     あの、子どもたちのキツネ踊りで有名な姫島も遠く望まれます。



     藤原さんのガイドは流暢ではありませんが、そのお人柄の温みから思わず惹き込まれてしまいます。



     白秋・前夫人の歌碑。切ない胸中が伝わってきます。



     フィオーレカフェの前。ここでちょっと一服、美味しいコーヒーとケーキをいただきました。「念願の木」にどんこも願いを書き、下げてきました。「世界に平和を! 皆さんが素晴らしい案内人に!荒尾干潟にトイレを!」と・・・。【コメント欄はお休みです。】

    0 0
  • 03/29/15--01:13: 残照の鳥たち
  •  平成27年3月28日(土)

     干き始めた波打ち際で100羽ばかりのシギチの群れが餌を食べ始めていました。



     時折、こうして飛び立ちます。逆光で黒くしか写りません。



     セグロカモメは1羽だけポツンと立っていました。



     まだズグロカモメがいて、盛んに海面へ突き込んでエサを獲っています。





     残照に波が赤く光っています。漁師の影が船上に見えます。



     陸(おか)にはツグミがいました。こちらは順光できれいに写りました。光って大事ですね。





     しばらくして振り返るともう鳥の姿はなく、船影と人影の黒いシルエットが光る波間に浮かんでいました。


    0 0

     平成27年3月31日(火)

     国東半島巡りの研修も最終章です。「昭和の町」に着きました。藤原さんのガイドにも一層熱が入ります。



     レトロな雰囲気の店々に入って見学します。



     町づくりの心意気が伝わってきます。



     さりげない展示も参考になります。



     ネーミングがいいですね。



     昭和のにおいがします。



     ただ通り過ぎるだけではもったいない、そう言う感じの店舗です。



     あっち見てキョロキョロ、こっち見てきょろきょろ・・・。



     かつての旧高田倉庫は「昭和ロマン蔵」になっています。クラシックカーも展示されています。







     参加のメンバーのお茶目っ気ぶり!右のお方はM産業振興課課長さんです。



     揚げパンを1個ずついただきました。ガイドの藤原さん(写真・左端)には大変お世話になりました。収穫の多い研修が出来ました。



     暗くなって荒尾市役所に戻り修了式。僭越ながら私から8名の案内人さんにそれぞれ修了証を差し上げました。


    0 0

     平成27年4月3日(金)

     首都圏に住む長女の息子がこの春大学を卒業し、社会人になるのでお祝いするための上京です。先ず羽田空港からバスで横浜へ向かいます。横浜に2泊します。



     ひと休憩して散策に出かけました。馬車道の一角に人だかりがしていました。 



     ソロギタリスト・松井祐貴さんのライブでした。



     横浜スタジアム前です。



     チューリップが春を告げています。



     中華街に立ち寄りました。



     日曜日とあってさすがに混み合っていました。







     4月になりました。今年の桜は全国的に早いようです。【上京編、しばらく続きます。】


    0 0

     平成27年4月6日(月)

     まだ満開前の桜の風景、3月末の撮影です。近くの有明公園。春休みの中学生たちが遊んでいました。



     市内で一番の桜並木のある市民病院前の通り。荒尾高校ラグビー部先輩・流 大君へのエールの看板も立っています。この荒尾高校は南関高校と合併し「岱志高校」と名前を変えることになっています。



     市体育館前。桜の下で花見の家族がいました。



     桜の向こうに真昼の月が小さく見えています。



     石橋の岩本橋です。東屋でも花見があっていました。



     某テレビ局の「タビ好キ」のロケがあっていました。前川清さんでした。居合わせた花見の夫婦との間に笑い声が絶えませんでした。



     子どもたちは水遊びに興じていました。



     万田坑前の万田公園。ずうっと以前までは花見の名所でしたが・・・。



     野原八幡宮境内の桜です。



     県境にある四ツ山の桜を遠望しました。灯台の向こうには四ツ山神社があります。「こくんどさん」と呼ばれる祭が2月と9月にあります。手前右の櫓は荒尾競馬場の第1コーナーの見張り台です。まだ撤去されずに残っています。



     おまけは鉢植えのシャクナゲです。今はもう峠を過ぎて散り始めています。【次回の桜便りはわが家のソメイヨシノです。】


    0 0

     平成27年4月9日(木)

     わが家のソメイヨシノは長女の小学校入学時の記念樹です。植えてからもう40数になります。4月4日の撮影です。



     よそよりも若干遅咲きです。



     九分咲きから満開に近い様子でした。





     わずかな青空を背景に・・・。



     午後になって晴れてきました。



     夜からの風雨や雷雨はまさに花散らしになってしまいました。翌4月5日の画像です。



     玄関松にも花びらが積もっています。



     雪かと見まごうほどです。誰が計算したのか知りませんが1本の桜の木には60万個の花びらが付き、花びら1枚を1c㎡としてびっしり張りつめるとテニスコート(17m×17m)の広さになるそうです。 



     シャクナゲの花も散っています。この春は、特に花の命の短さを実感しました。【コメント欄はお休みです。】


    0 0

     平成27年4月12日(日)

     山下公園はいつも賑わっています。この日は日曜の午後でした。(撮影日3月22日)。 



     名物のしだれ桜はまだ三分咲きでした。係留されている氷川丸です。



     日米友好ガールスカウトの像です。1962年(昭和37年)に建てられたとのこと。



     山下公園のスズメたち。都会っ子でしょうか、ものおじしません。 



     向こうには「みなとみらい」が見えます。



     おなじみの「赤い靴はいていた女の子」像です。



     こちらは赤い服を着ている女の子です。



     大桟橋が船の向こうに見えます。



     大道芸人がスプーン曲げをしていました。



     ベイブリッジの遠望です。【コメント欄はお休みです。】 


    0 0
  • 04/16/15--04:44: 牡丹花・・・
  •  平成27年4月15日(水)

     あっという間に桜が終わりました。今年の桜はいつになく雨や風の日が多くて早く散ってしまいました。代わって牡丹の番です。4月5日の蕾です。



     以下、日にちを追っての撮影です。ほんわりとふくらんでいます。



     たちまち満開になりました。また雨が多くて、覆いもないので気が気ではありませんでした。



     前夜の雨の滴がびっしり・・・。



     もう峠を越した花もあります。



     こちらは座敷前の別の品種です。淡い桃色です。



     紫の花はひと足遅れで咲き始めます。



     大した手入れもしないのにちゃんと時期には咲いてくれるのですね。ありがたいものです。





     牡丹の別名・深見草は味のある名前です。花言葉は「富貴、恥じらい」とか・・・。【コメント欄はお休みです。】 


    0 0

     平成27年4月18日(土)

     夏が終わったオーストラリア方面から繁殖地のシベリア方面などに向かう渡り鳥たちが中継地のラムサール条約湿地登録・荒尾干潟へ栄養補給と休息を兼ねて渡ってくる時期になりました。これを「春の渡り」と称しています。多い時には4千羽を超えます。それだけ荒尾干潟には底生生物などのエサが豊富なのです。



     シギチドリ類に混じって大型のオオソリハシシギなども飛来してきます。



     狭い砂浜に降りて休息します。







     大半はハマシギ、手前の茶褐色はメダイチドリです。



     潮が干き始めると、動き出します。エサを獲ったり羽づくろいをしたりして忙しくなります。群れにはキョウジョシギも数羽います。



     いつも書いていますが、渡り鳥たちは異種間でもあまりいがみ合いません。むしろ仲良くしていると言った方がいいかも知れません。



     くちばしが大きく上に反っているのはオオソリハシシギ(全長41㎝)、内側に曲がっているのがチュウシャクシギ(全長42㎝)です。



     オオソリハシシギ。



     真ん中の2羽はチュウシャクシギ。



     水の流れで水浴びをしているハマシギ。



     鳥には国境がありません。私たちは鳥たちが国際親善大使になってくれることを願っています。
     今日18日は市内のホテルで「日本野鳥の会 九州沖縄ブロック大会“2015荒尾”」が開催されます。会員100名余が参加します。翌19日(日)10時からは荒尾干潟で探鳥会も行われます。参加者に荒尾干潟の良さを満喫していただくよう、関係者一同万全の準備をしているところです。


    0 0

     平成27年4月21日(火)

     遊覧船が着いたようで船客の声が響いています。向こうには赤レンガ倉庫が見えます。



     象の鼻パークにある象の鼻テラスです。



     このテラスからみなとみらいが一望できます。



     横浜市歌はあの森林太郎(鴎外)の作詞でした。



     赤レンガ倉庫の花壇はいつ見てもきれいです。



     コスモワールドの観覧車は4時58分を示していました。



     もう日が傾いて、汽車道の線路が光っています。



     石橋の萬國橋です。



     翌日は知人夫妻と横浜駅で落ち合い、品川のプリンスホテルでランチを楽しみ、旧交を温めることが出来ました。 



     【コメント欄はお休みです。】


    0 0

     平成27年4月24日(金)

     去る4月18~19日にかけて表記の大会が荒尾市内のホテル・荒尾干潟で行われました。主催は日本野鳥の会九州沖縄ブロック。担当熊本県支部。地元の私たちは大会の成功に向けて前々から準備を重ねてきました。受付風景。



     各会員が持ち寄ったオークション出品の一部です。



     九州沖縄から110余名の参加がありました。



     司会は熊本県支部原口事務局長、前田九州沖縄ブロック代表の主催者挨拶、高野熊本県支部の歓迎挨拶、葉山日本野鳥の会自然保護室長挨拶がありました。



     開催地の山下慶一郎荒尾市長の来賓挨拶。



     発表:「荒尾干潟の現状とラムサール条約登録」安尾征三郎。講演:「日本のIBMとラムサール条約湿地」葉山政治。発表:「干潟・湿地を目指すシギ・チドリたち」高野茂樹。(敬称略)。



     会場は熱気で溢れました。



     参加者の記念撮影。【この写真は熊本県支部・祝原氏提供】



     夕方の交流会冒頭、地元コーラスグループ「桜ゆりかご会」(代表・松島眞智子さん)の有志のメンバーが「干潟のあしたへ(Ⅱ)」(どんこ作詞・岡野剛作曲)を合唱してくれました。



     長いですが、You Tubeで紹介します。



     宴会後、恒例のオークションが行われました。担当はご当地・安尾征三郎さん。ユーモアを交えて会場を沸かせました。売り上げは九州沖縄ブロックと熊本県支部で折半され、会の運営費になります。



     翌19日は荒尾干潟に集結、折から飛来している春の渡り鳥たちを観察しました。




    0 0

     平成27年4月27日(火)

     柴又駅に降ります。10年ぶりと思っていたら8年前の平成19年にも来ていました。
     渥美清さんが亡くなったのは1996年(平成8年)8月4日でした。私はその年の8月24日にも柴又を訪れています。隠れ寅さんファンを自称していたので、寅さん(渥美清さん)を弔うためです。高砂から金町行きの電車には寅さんの写真がいっぱい飾られていました。



     もう寅さんが動かない像になって、随分時が経ちました・・・。 



     平成17年3月末、チョロ2が4月からいよいよ小学校へ入学するという時期です。(もう高校2年になっています。)



     まだ寅さんを忘れていない店があるのは嬉しい限りです。



     こういう会話のある風景も下町らしいです。



     寅さんの口上が山田洋次監督の筆で石碑になっています。



     寅さん映画のロケ待合所になっていた高木屋さん。渥美清さんが亡くなった当座はごった返して、草団子を買うことも出来なかった記憶があります。もうあの先代の女将さんも亡くなられたと聞いています。 



     でもこうした看板にはほっと心がゆるみます。



     帝釈天の山門が見えてきました。



     源さんがどこからか飛び出してきそうです。



     鐘楼。幼い寅さんはここでいたずらしていたのでしょうか。



     境内をスナップしてみました。


older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21) | 22 | 23 | .... | 44 | newer